• 長谷川光志

Challenge ※ライブ動画あり※

最終更新: 2019年12月10日



練習が終わってさあ日吉に向かおうとしたら人身事故、運転見合わせでしばし途方に暮れてたのね。


動けないものはしかたないと開き直って喜納昌吉の「すべての人の心に花を」を読んで待ってた。これがまたすごいんだ、夢中になって読んでた。しばらくしたら電車も動きはじめた。切り替えと開き直りって大事!


最近ライブの前にバナナ食べるようにしてるんだ。前にラジオでライブでのジンクスってある?という問いに、ありませんって答えたけど、いまはバナナだな。コンビニで三本入ってるやつ買っていく。


この日は「Challenge」ってタイトルの日で、日吉Napのブッキングは月替りでこういうお題があるんです。今月はなにかチャレンジをしなさいよと。だから珍しい曲をずらり並べて歌ったよ。懐かしすぎる曲や新曲もあり、本番前の楽屋で「朗読もしちゃえ!」って。かなり新鮮な演目になった。いいよね、テーマがあるってのはいいこと。なくても自分で作るけどね。


演者は客席でほかのアーティスト聴いてるときにその人が出てる気がする。ステージに立ったらもちろんアーティストになるんだけど、それ以外の時間。その人がすごくよくわかる。そんな気がする。


この日やった朗読とワンダフル、アップしたよ。

まず最初の一歩を踏み出すかどうか

それがなければ何も始まらないんだよね。

興奮も批判も反省も感動もぜんぶそこから。

まだまだチャレンジが足りないぜ!


セットリスト

  1. endeavor

  2. YOU

  3. 人間なんだもん

  4. Love

  5. Yokan

  6. 朗読「こわいゆめ」

  7. ワンダフル

#ライブ #日吉Nap #ライブハウス #アコースティック #弾き語り #アコースティックギター #アコギ #シンガーソングライター #朗読 #チャレンジ #挑戦 #ジンクス #バナナ #セットリスト

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆