• 長谷川光志

喫茶小公子




喫茶店が好きだ。美味しいコーヒーを飲みながら一服したり

好きな音楽を聴いたり本を読んだりするのは至福の時。

もちろん歌詞を書いたり、スケジュールに頭を悩ませたりもするし

空っぽになって、ただひたすら弛緩した時を過ごすことも。

居心地のよい空間で時間を気にして過ごすのはもったいない。

喫茶店に入るのは、そのあとに予定がなーんも入ってないフリーな時がベスト。

許されるならば、読みたかった本とお気に入りのプレイリストを入れたPAD、

書きかけの歌詞ノートとMacbookを持って日がな一日

ぐったりするまで好きなことをやりたい。


小田急線、伊勢原駅(お隣の駅)の北口を降りて通りをはさんだすぐ向かいに「喫茶 小公子」という、なんともぐっとくる佇まいの喫茶店があった。一見してナイス純喫茶とわかる素朴な店構え。

ド○ールとか○リーズみたいな、どこに行っても出くわすチェーン店の安心感もそれはそれでわかるけれど、「ここだけなんです」という潔い個人店(家族店?)が僕は断然好きだ。


BGMは無音か、店主の気まぐれでたまにうっすら聞こえる程度。

余計なエクストラ・メニューみたいなものはなくシンプル。

常連がうるさくない。

地元の人に愛されている。

お会計のときとか、たまーにマスターの(先代と思しき)お母さん出てくる。

ここ「小公子」は僕好みで、とても誠実なお店でした。

今では珍しい(おそらく全席)喫煙可。

注文したのはウィンナーコーヒー 550円。


椎名誠の「かぐや姫はいやな女」を読み終えて

メンタルヘルス・マネジメントⅢ種の勉強をして

しまいには詩を書いて、ゆっくり過ごしてしまいました。

一番ささやかな夢を達成してしまったような、幸せなひとときでした。


#喫茶店 #純喫茶 #cafe #伊勢原 #喫茶小公子 #小公子 #小田急線 #おすすめ

#喫煙可 #こだわり #favorite #ウィンナーコーヒー #コーヒー #coffee #日記

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆