• 長谷川光志

収束祈願


「私は海中にすむ“アマビエ”というものである」

と名乗ったあと、

「当年から六ヶ年の間諸国豊作である。しかし、病気がはやったら、私の写しを早々人々に見せよ」

などと予言めいたことをいい残し、ふたたび海中にもぐったという。

(水木しげる「図説 日本妖怪大全」より)


ライブを中止するのも開催するのも難しいこの頃である。2020年代に引き合いに出されるとは、アマビエ自身も予想していなかったに違いない。いや、予言する神怪だからわかってたかも…。

どちらにしても、歌うたいにとっては歌う機会がなくなるのはこれ以上ない切なさで、安心して聴きに来てもらえないのもまた辛いことなんである。長引きそうな展開だし、それでいてレコ発も決めているわけで、悩ましいところです。

町を歩いていてもなんとなく活気がない感じがして、それも当然なんだけど、やっぱり淋しいものです。開催できるライブでは元気の種を思い切り巻き散らす所存です。


#アマビエ #収束祈願 #イラスト #新型コロナウィルス #ライブ #イベント中止 #日記

0件のコメント

最新記事

すべて表示

ひろくん

死んだ祖母が会いにきた。 夢の中で、ふたりでいろんなところを旅してまわった。誰かの車に乗せてもらったり、電車に乗ったりして。 たくさんしゃべったり笑ったりして疲れた祖母は歩くのが辛そうだったので、僕は「おんぶしようか」とたずねた。「そうしてくれる?」と喜んだ祖母が僕の背中に体を預ける。肩越しに感じる息づかいが妙にリアルだった。夏の夜、懐かしい感じのする見たことのない町を歩いていた。 しばらく行くと