• 長谷川光志

ライブ。


あらゆることが配信にとって変わってそれはスポーツ中継もライブもそうで、配信で開催できるだけマシになったと言えるんだけど。


俺もやっと来週、13日にようやくライブハウスで歌える。もちろん配信、無観客。誰もいない中カメラに向かって歌うなんてのは、ビデオの撮影とかしたらみんなやることであってそれ自体は特別なことじゃない。普段から配信のチャンネル持ってますって人も多いし。誰も見てない気にしてないところで歌うって意味じゃ、知らない土地で路上始める瞬間だって似たようなもんだよ。


大事なのはこれが「ライブ」だってことなんだよね。ライブってやっぱり体験だから、たとえば俺の場合で言うと初めてプロレス観に行ったときを思い出す。それまでテレビ画面でしか知らなかったあの武道館のデカさ。二階席から見てすり鉢状に下りていったその中心にリングがどーんとあって、受け身を取った時の音!あれが「どごぉぉぉん」とよく響くわけ。ライブハウスで低音が心臓を揺するよりずっと前に、音は振動なんだって知った瞬間だった。音は振動。それはもう物理的にそうなんだ。だからライブってのはそこの空気を共にすること、その場所で鼓膜や皮膚が振動することがライブ。一緒にいるってことがライブなんだ。


配信だと本当のライブが持っているマジックみたいなものは使えない。起こらない。その代わり配信だからこその魔法だってあるわけだ。距離や時間を飛び越えられることもそう。他にもきっと見つけ出せる何か。それを信じて俺も歌うよ。本当のライブは全然違う!ってことも据えてね。そこはわかってもらわなきゃならないとこなんだ。グラウンドにサッカーを、野球を観に行ったことがある人ならよくわかる、あの感覚。嵐が過ぎたらライブハウスに足を運んでもらうというギラギラした野望を胸にこれからのライブ、精一杯歌います。みんな、よろしくね。


あ、それから。レコ発、CDを発売するライブって意味では配信じゃ代わりがきかないんだわ(泣)。これがホント一番辛いとこ。通販で始めますってのも嫌なんだ。これがホント、一番辛いとこ。


#ライブ #配信ライブ #ライブハウス #ストリーミングライブ #レコ発 #何度でも立ち上がる #シンガーソングライター #日記

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆