• 長谷川光志

【lyric】Love

眠るゆびにふれる

そのままにぎってみる

夜はまだぼくにつめたい

息をするたびゆれる

白いむねのあたりに

ぼくにとってのすべてがあるよ


いまだつめたい川が

ぼくの中に流れる いつになっても渡れそうにない 君を抱きしめながら

ぼくは漂っている にじむ空にともすあかりひとつ


baby...This is the Love

君の歌はぼくにしか

聞こえなくていい


いつからこうして

つながっていたんだろう

いつまでこうして

つながっていられるんだろう


baby...This is the Love 君の中から生まれ流れあふれ出るまま

ぼくを照らしてよ Love

時を闇を壁を君とぼくの罪を すべてとかすような Love



written by Hiroshi Hasegawa


#歌詞 #lyrics #リリック #love #オリジナル #愛 #ラブソング #長谷川光志 #シンガーソングライター

0件のコメント

最新記事

すべて表示

シンガーソングライター、長谷川光志って いったい何なのだろう と考えてみる。 考えるほどわからなくなる代表格みたいな思いつきの疑問だけれど、考えてみたくなるときだってあるのだ。 ありもしない答えなら自分で作ればいいし、答えに近づくには比べないことだと思った。ただ自分で自分を「これが自分だ」と言えることってなんだろう、と。 それだけのことが難しい。 いったい僕はこれまでなにを支えにして、なにを指針に

歌と夢