• 長谷川光志

Birthday one-man Live 2020!


Birthday one-man Live @下北沢ビッグマウス


たしかに誕生日は記念日だけれど、生まれたことを祝われるだけの期間は過ぎて、きっとなにかを返していくための日になる。育ててくれた人、成長させてくれた人、もちろん生んでくれた人。


音楽があってよかったよ。俺の人生で起こったことのすべてを、生まれた感情のすべてを歌に託して伝えられるんだから!


本編ラストで歌った「太陽のような人」


きっとこの日のことは忘れないだろうな。

光を志せと命名されたときにきっとわかってた。もっと楽しんで、もっと輝かなきゃいけない、まだまだ俺は旅の途中だってこと。断然、道半ばだってこと。


そういう人に生まれたんだからきっと

もっとあたたかく、もっと輝ける。

それを魂の真ん中にどんと据えて。


ただ歌ってるんじゃない。

リフレインしてるんじゃない。

年月を重ねているだけじゃない。

昨日から今日へ、そして明日へと

新しい自分になっていけ、

大事なものを握りしめたまま

脱皮して軽くなれ。

魂と、失くしちゃいけないいくつかを

抱きしめて今日この瞬間を歌え。


みんなの笑顔を忘れないよ、

大切な日を忘れられない日にしてくれて

ありがとう!


#ライブ #ワンマンライブ #弾き語り #アコースティック #アコギ #マーチン #下北沢 #下北沢ビッグマウス #シンガーソングライター #誕生日 #バースデー

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆