• 長谷川光志

つぎはぎ日記 (2020年3月22日)


愛にしがみつけって曲があるんだけどこの曲、それが本当に自分にとって大切なものならなりふり構わず食らいついてしがみついてカッコ悪くていいじゃないか人にどう見られるかじゃないよって歌なんだけど


それこそ今の自分に必要なものだと思った今日すごく


それは今日感情がMAXになって、ライブが出来云々とまた別にすごく楽しくて刺激的で、もしかしたらレコーディングで自分と正面から向き合ったからかもしれないんだけど


長くやってきた今の良くないところって、必死です、とにかく音楽聴いてもらいたいですそのために必死ですって顔をするのをなぜか躊躇ってしまう感じがあって、全然名前も知られてないのに経験なりの余裕を出そうとしてしまったりする


やっぱり音楽好きで、好きが未来につながることを諦めちゃいけなくて、そのためには絶対食らいついてしがみついて楽しくやらなきゃいけないってそう思った。どんな形であれ好きを未来につなげたいと




必死だもんね、楽しく必死でいいじゃんか。聴いてほしいし聴きにきてほしいもん。それに年なんて関係ないし、あの手この手でやらなきゃと。思えた今日が最高の一日だったことにありがとう。感謝してます。ありがとう


ライブ盤出すのも今でよかった。非常に大切な一枚だけど、記念写真。あのときの最高の記念写真。もっともっとどんどん良くなっていくし変わっていくこれから。噛み締めて次に行けるそれこそ大事なアルバムなんだな


、ホンネでした。音楽、素晴らしいね!映画も小説も大衆演芸もみんな素晴らしいけど俺がやってるのは音楽だから音楽が一番好きだ!これはきっと愛だ



(Twitterに投稿したツイートをそのままです。3/20の日吉Nap、3/22の下北沢ビッグマウス。このライブがあったて心がぐっと動いての連投でした。ライブハウス、来てくれたみなさんに心からの感謝を。)


#ライブ #日吉Nap #下北沢ビッグマウス #ライブハウス #弾き語り #アコースティック #アコギ #シンガーソングライター #Twitter #つぶやき #日記 #diary #ダイアリー #2020春 #本心 #愛にしがみつけ

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆