• 長谷川光志

2019年12月2日の日記



気づけばすっかりイルミネーションですね。


12月って、祝日ないんですね。


Twitterフォローしてくれてる人は気づいてると思うけど、沖縄から帰ってきて完ぺき作曲モードに入ってて、しかもどれも良い曲でもうずっとギター弾いてるのね。弾いて新曲を練習してるとまた新しい曲ができちゃう感じが続いてて、ひさびさのこの感覚。出てこようとしてるときにはとことん出したほうがいいのよ。だからできるだけ、いま出したいなと思っているところ。


12月の終わり、30日(晦日!)はワンマンライブです。


そこまでに一段ステップアップするって決めたんだよ。自分との約束で。今年一年、もちろん無駄な時間なんてないし自分でそう思わない限り無駄ってありえないけど、やっぱり今年はネバーギブアップの年であったし2019年があってよかったと思いたいよ。

みんなに映る俺と、俺の見ている自分はきっと同じじゃない。で、俺の見ている自分はきっと自分で変えられると思うんだよね。こうなりたいというほうに近づける。本気で変えようと思えば二ヶ月もあれば相当鍛えられるんじゃないかと。そう思ってやってます。日々。


毎日寝るときにはからっぽになってるよ。

それで横になって一日の最後に本を3ページだけ読もうなんて思うと、はなちゃんがちょこちょこやってきて俺にくっついて寝ちゃうのを見ながら、本を読むのも面倒になって寝てしまう、毎日がそんな感じ。彼女な寝顔がいま一番の癒し。


今年のライブ残り二本だから。

負けず嫌いなんで、最高の歌うたって

やっぱりファンを増やしたい。

数打てないなら中身でしょ?

なんか、燃えてんだよね。


#日記 #ダイアリー #diary #イルミネーション #冬 #2019winter #作曲 #新曲 #オリジナル #シンガーソングライター #弾き語り #ライブ #チワワ #はなちゃん

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆