• 長谷川光志

2019年10月13日の日記


昨夜の台風が過ぎ去ったら嘘みたいな青い空だった。

夢だったらいいのにやっぱり夢じゃなくて、各地で川は氾濫しているし、小田急線も不通区間が発生していた。これまで台風が来るというと興奮してワクワクするようなところがあった(男子には多いと思う)のは、台風で本当に恐ろしい目にあったことがないからだとよくわかった。あんなにスマホの警報が鳴るのは、(余震を含めた)東日本大震災のとき以来だった。


それでも家は無事、家族も無事で外は快晴。地元の駅から電車は動いてるし明日はライブ、ギターも弾いてくれと言ってる。動ける人間は元気に動かなければならない。ということでスタジオリハーサルに。

制限なしに声を出して歌えるってシアワセなことだよ。


帰りに書店に寄って読みたかった最果タヒを一冊買う。はじめてならば音楽だとファーストを買えみたいなところがあって、どれにしようか迷ったけど「死んでしまう系のぼくらに」にした。


まだ歌い足りないなと思い地元でいつも練習に使っているカラオケボックスでちょっと歌う。階段を降りてすぐの居酒屋で、買ったばかりの最果タヒを読む。詩集は、詩もたのしみだし、あとがきもたのしみだ。あとがきまで楽しかった。楽しかった、でいいのかわからないけど楽しかったんだと思う。全然わからないのをわからないまま楽しむのは健康だ。わかったフリなんてしなくていいんだと、読み終わってそう思った。園子温も大島渚も「簡単ニワカッテタマルカ!」的なところがあって、そういうものをたくさん体験したい時期なのかもしれないと思った。


どうでもいいけどこの居酒屋とても掃除が行き届いてなくて、カウンター席は特にそうで、もう少しゆっくりしていようかと思ったけど、テーブルの上を赤ちゃんゴ○○リが行ったり来たりしてるの。三回目に大きめの赤ちゃんが出てきたので、もういいやという気になって店を出ました。経営者のみなさん、味があるのと汚いのは別なので、気をつけましょうね。


#日記 #台風 #台風一過 #小田急線 #ライブ #リハーサル #リハーサルスタジオ #最果タヒ #死んでしまう系のぼくらに #詩集 #あとがき #居酒屋 #不潔はダメ


0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆