• 長谷川光志

2019年10月22日の日記



書いてる今、今日が終わるすこし前。

246をパトカーが凄いスピードで走っていくのが聞こえる。「右側から追いかけます、右側から追いかけます!」と言いながらファンファン鳴らしていく。警報って人の耳にさわる周波数をわざと使っているんだって、イヤホンとかしてる人にも聞こえるように。

ようやくサイレンの音が聞こえなくなった。金麦(濃いめのひととき)を飲みながらこれを書いてます。


未明。

悪夢で目ざめるなんていつ以来?

この夢を終了したいと思うと人って目を覚ますって不思議。目をあけて強制終了してまた寝入る。でも何回寝ても続きを見るんだよ。イヤになってベッドを出たのはまだ空が暗いうちだった。

モヤモヤが離れなくて、そのまま詩にしてやった。書いたあともしばらく引きずってた感じで、いびつな一日の始まりだったけど、こんなのもたまにはいいかもね。でも明日はいい。しばらくはいいや。


夢に出てきたのはみんな知っている人だった。なんでこのタイミングで現れたのか考えてしまったよ。夢でも会いたくない人っているけど、それって会いたいの裏返しなのかもね。


昼。

週末のライブに向けて練習するのに、地元唯一のカラオケボックスに行く。弾き語りの練習は、だいたいここでやってる。アコギ思い切り弾いて大きな声出せればいいから、カラオケですんじゃうんだ。練習前のはらごしらえはオープンしたばかりのCoCo壱でカキフライカレー5辛400㌘。歌う前に食べすぎたので歩く歩く。ギターをかついで歩く。


セットリストを考えながら何度も歌った。

新鮮なきもちでやりたいんだ今回は特にそう思ってる。

聴いてくれるみんなも新鮮なきもちにしたいよ。

ところでこの日記おもしろくないよね。嫌になっちゃうけど、でも日記ってそんなもんだろ?


実はさっき書くのを中断して、昨日アップした詩を朗読してみたんだ。思いつきでやってみたけど、楽しそうと思ってやることは実際たのしいものだね。

それもまたブログにのせるとして、今夜は寝るよ。

グッドナイトベイビー


#日記 #ただの日記 #悪夢 #カラオケ #リハーサル #カレー #CoCo壱番屋 #カキフライ #セットリスト #詩 #朗読して #アコースティックギター



0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆