• 長谷川光志

2017年によろしく


やってくるぞ、新しい年がくるぞ。

時間に区切りがあるような気にさせてくれて、気分を新たにできる「暦」ってやつを作った人、あなたは天才だ。なにかあげたい。

2017年には心からありがとうを伝えたい。たくさんの経験をありがとう。

でももう二度と君には会わない。絶対にだ。


歴史を振り返ることは大事なことで、こと自分に関しても好きなもののルーツをたどるのはわりと好きだ。だがしかし。振り返っても縛られちゃいけない。こだわってもとらわれてはいけない。昨日から大きく自由になって羽ばたくこと。昨日を、昨日の自分を脱ぎ捨てて新しく生きるってこと。


Take off yesterday


来年のテーマはこれだ!

俺には夢と目標がある。

悩んで感じて笑って泣いて今日も過ごしている。

そして音楽がどんどん好きになる。何も恥ずかしくないぜ。


今年一年、みんなにたくさん背中を押してもらいました。

俺だってみんなに何かをしたくてたまらないんだ。

それぞれの人生の中で、音楽を通じて出会ってくれてありがとう。

良い年を迎えてください。

そしてまた来年良い笑顔で会いましょう!


本当に2017年、ありがとうございました!


#年末のご挨拶 #感謝 #暦 #ありがとう #ルーツをたどる #昨日を脱ぎ捨てろ

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆