• 長谷川光志

八木重吉詩集


ミニスカートをうるさいと感じる

生足をうとましく感じる

この瞬間は

どういうことだ

(長谷川光志)


詩集を読むということはその人の人生を生きることかもしれない。


三十年という短い命を、うたをよんで生き切った八木重吉の詩集。頁を何度もさかのぼって繰り返し読み、声に出して読んで、言葉のリズムに重吉のいのちの鼓動を感じた。


片手におさまる一冊の中に、三十年分のいのちがそのまま詰まっている。そして死後も読んだ人の心に刻まれていく。うたうたいの輪廻だ。


わたしみずからのなかでもいい

わたしの外の せかいでもいい

どこにか「ほんとうに 美しいもの」は ないのか

それが 敵であっても かまわない

及びがたくても よい

ただ 在るということが 分かりさえすれば

ああ ひさしくも これを追うに つかれたこころ

(うつくしいもの/八木重吉)


いい詩を読むと自分にも書けそうな気がする。

いい音楽を聴くと自分にもできそうな気がする。

また読みたい詩が増える。


#八木重吉 #詩集 #詩 #ポエム #命 #人生 #言葉 #輪廻 #読書

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆