• 長谷川光志

ステイホーム記④〜シネマハスラー!


自粛生活中にハマったものを。


ライムスター宇多丸の「ザ・シネマハスラー」


ウィークエンドシャッフル( (ラジオ番組ね)でやっていた映画批評コーナー。もうこれが痛快すぎてYouTubeに上がってるやつを片っ端から聴きまくってそのたび目から鱗が(正確にいうと耳から)落ちまくって。それで家でも映画をたくさん観たけれど、ハスラーを聴けば聴くほど映画は映画館で見ることだと痛感するんだけど映画館はコロナで営業していないのであった。


知らなかったって人には本当オススメです。どの回もオススメ、内容充実。批評も冴え渡る切れ味で、なんせトークが上手いわ。一番感心したのは物を見る目とか対峙の仕方、それと蓄積してきたもののデカさ。ああこれだからあのリリックが生み出せるんだという、そこはまさに感動ね。俺パーソナリティとしての喋りって部分でも勉強になると思って意識して聞いてたんだけど、流石です。さすがはライムスター・宇多丸です!


そしてこの番組きっかけであらためてライムスター聴いて音楽にもハマるという、これぞまさしくパーソナリティとしてアーティストとしての鑑みたいなファンのつかみ方で、そこでも目から鱗なんでした。


しかしヒップホップミュージックすげえな!


#宇多丸 #ライムスター #シネマハスラー #ウィークエンドシャッフル #ラジオ #YouTube #映画批評 #rhymester #パーソナリティ #ヒップホップ #自粛生活

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆