• 長谷川光志

やめんかったらロックスター


ワンマン終わってこれで「未知を行く」ツアーすべて終了、完結。

撮影してもらった写真が届いたら、あらためてワンマンのこと書くからね。


せっかくだからたまっていたことをひとつずつ書くよ。

5月13日、ZERONOMIXの初ライブハウス。ライブも好評だったしやった俺たちも楽しめたし次につながる最高の日だったんだけど、その最高の日にもうひとつ最高のこと。


共演した佐藤タイジさん。


楽屋でゆっくりお話しするタイミングがあって、俺ここぞとばかりに聞きたかったこと、伝えたかったことをしゃべりまくった。ステージ終えたばかりのタイジさんはそのひとつひとつに全部ちゃんと返してくれた。「君、オレ疲れてんのよもうええんちゃう?」みたいな感じ一切なしで。ステージに立てば異次元にオンリーワン。でもステージ降りたタイジさんはオーラはばりばりだけど本当にフランクだった。「オレはもっと歌うように弾きたいし、弾くように歌いたい」って言ってた。凄すぎると思った。

独り占めした贅沢な時間だった。あの日はステージも、ライブ後も全部俺の中に嵐の爪痕を残した。それをどうやって消化して、結局は自分の音楽に変えていくかってことなんだな。


なんでそこまで自分を貫けるのか。なぜソーラー武道館を実現できたのは他のミュージシャンでなく佐藤タイジなのか。ずっと聞きたかったことから恥ずかしい一ファンの質問まで。あのときの会話は胸の中に大事にしまっておきます。

あ、ずっと気になってたことひとつだけ。

「Tシャツは自分でリメイクしてるよ」って。


俺なりのありったけの愛で、まっすぐ音楽に向かっていこうと思います。

こうやってロックは受け継がれていくんだなとその背中を見て。

やめんかったらロックスター。やめんぞ。



それにしてもサイコーの一日だったな。KNOW YOUR RIGHTS企画した島さんのロックスピリッツもハンパじゃなかった。打ち上げの時間まで最強だった。やっぱりロックミュージシャンはどこか常識を超えていかなきゃならんのだな。


#佐藤タイジ #シアターブルック #ライブ #高円寺ShowBoat #ギタリスト #ZERONOMIX #ソーラーブドーカン #中津川 #ゼロノミクマ #ロックバンド #やめんかったらロックスター #ファン #KNOWYOURRIGHTS #憧れ #vネック

0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕らの明るいオリンピック

非常事態も緊急事態も解除できないがオリンピックは開会できるのか。これはいったい何のためなんだ。誰のためなんだ。 いったいどうやって応援しろっていうんだ。最初から最後までデタラメじゃないか。デタラメのオンパレードのフルコースだ。これじゃ結局、僕らはなにも変わらないじゃないか。 卑劣なウソで開催権をかっぱらったところから始まり、本当に嘘みたいな不祥事や問題が延々とつづいて国民にも嘘をつきまくって、挙げ

祖父と腕まくら

夏になると蘇ってくる記憶がある。 それは蒸し暑い午後に、祖父の腕まくらで昼寝をした記憶ー。 寝転がって見上げた天井の染み、目の前の祖父の肌、夏の粘り気のある暑さに時々窓から吹き込む風の心地よさなど、そのときの光景や感覚は今でも驚くほど鮮やかに思い出すことができる。 中学校に上がってからはさすがに一緒に昼寝をすることもなくなったから、あれは僕の小学生時代。今から30年以上前になる。 祖父母は浜松で豆