• 長谷川光志

きらきら光る



肌寒いくらいだったよね今日。これから日々、冬になっていくんだな。秋はいつも短いよ。だからとても好きな季節。


前回が誕生日だったからちょうど一ヶ月ぶりの下北沢ビッグマウス。セットリストも最近は決めてるんだ、なにしろ月に二回とか三回の大切なライブだから、毎回テーマをもってやってる。なんとなく終わってしまうのがいやなんだ。出し切って、やり切ったらステージってほんとあっという間だから。消えてしまうようでさみしいときがあるよ。さっきの熱がみんなの体に残ってくれたらいいなと思う。うずみ火のように。


トリで歌うの久しぶりだった。とてもいい雰囲気だったのは歌い手もお客さんもみんなよかったから。すごくいい夜。いろんな人が集まる歌の交差点。ガラス越しに見えるアスファルトがきらきら光って綺麗だった。ぜんぶが今日をつくっていたことを忘れたくない夜。


すまいるシンジケート(パーソナリティやってるラジオ番組ね)を聴いて、ライブに来てくれた方がいるんです。とうめいな電波って、それを誰かが受け止めてくれたのか見えないから、ときどき不安になる。でもやっぱりちゃんとキャッチしてくれる人がいるんだね。嬉しくて、もっとたくさんの人に届くように頑張らなきゃと思った。


次のライブは10月26日(土)の日吉Napで、

次のビッグマウスは11月10日(日)です。

次はもっと良くなるっていうきらきらした感じを

言い表せることばを探しながら小田急線で帰ります。

ほんとうに、いい夜だったな!


#下北沢ビッグマウス #下北沢 #ライブバー #ライブハウス #アコースティックライブ #弾き語り #シンガーソングライター #アコースティックギター #秋 #うずみ火 #セットリスト #きらきら光る #ラジオ #すまいるシンジケート #リスナー #小田急線

0件のコメント

最新記事

すべて表示

ひろくん

死んだ祖母が会いにきた。 夢の中で、ふたりでいろんなところを旅してまわった。誰かの車に乗せてもらったり、電車に乗ったりして。 たくさんしゃべったり笑ったりして疲れた祖母は歩くのが辛そうだったので、僕は「おんぶしようか」とたずねた。「そうしてくれる?」と喜んだ祖母が僕の背中に体を預ける。肩越しに感じる息づかいが妙にリアルだった。夏の夜、懐かしい感じのする見たことのない町を歩いていた。 しばらく行くと